ぶどうといちごの商品案内

  • HOME
  • ぶどうといちごの商品案内

ぶどうの商品案内

かぐや農園の極甘ぶどうジュースとジャム

かぐや農園のぶどう畑は、兵庫県加西市岸呂町にあります。
岸呂町のぶどう園は、日当たりが良く、昼と夜の寒暖差が大きく、ぶどう栽培に適した気候です。
一枝、ひと房、一粒を毎日コツコツと成長状況に合わせて適正な栽培管理を実施しております。
大切に育てた生食用のぶどう(ベリーA)を使って、ぶどう本来の香りや味を大切にした100%ぶどうジュースとジャムを作りました。
ぶどう本来の甘さや味わいを楽しみながら疲労回復や体質改善にもつながります。
かぐや農園のぶどうジュースを飲んで、「一度飲んだら忘れられない美味しさ」を味わってください。

100%ぶどうジュース

100%ぶどうジュース
価格:1,500円⇒1,200円(OPEN記念)

詳しくはこちら
ぶどうジャム

ぶどうジャム
価格:1,000円⇒800円(OPEN記念)

詳しくはこちら

ぶどうの効能

ぶどうは、ポリフェノール・ぶどう糖や果糖が豊富です。また、カリウム始め銅やマグネシウムなどのミネラルも豊富です。
疲れ目・肉体疲労・腸内環境改善・むくみ改善・アレルギーを抑え細胞を若替えさせるなどの効能があります。
毎日、少しづつ食することで疲労回復や体質改善に効果があります。ぶどうの美味しさを楽しみながら、健康な身体を作ることができます。

ぶどうの歴史

ぶどうの歴史は古く、紀元前3,000年ごろにおいてすでにカスピ海沿岸やコーカサス地方などで栽培されていました。
ぶどう酒は、ギリシャ神話にも縁の深いお酒です。日本には、中国から渡米し12世紀に甲州で栽培されたのが初めと言われています。
ぶどうは、世界で最も多く栽培されている果物で、その種類も1万種類以上にのぼると言われています。
大別すると、ヨーロッパぶどう、アメリカぶどう、欧米雑種の3つです。ヨーロッパでは、「畑のミルク」と言われていたほどです。

極甘100%ぶどうジュース

極甘100%ぶどうジュース

兵庫県加西産のゴールデンベリーAを使って、極甘ぶどうジュースを作りました。
愛情をこめて育てた生食用のぶどうから、100%ぶどうジュースを作ってみました。
「一度飲むと忘れられない、ぶどう本来の香りと甘さ」を味わってください。

ベリーAの甘さとぶどう本来の美味しさが凝縮されています。
ポリフェノール・ぶどう糖・果糖が多く含まれており、疲労回復・体質改善に効果があります。
高血圧の人は、ぶどうジュースとセロリのしぼり汁を白湯と主に飲むことで、しだいに血圧が下がっていきます。
植物アレルギーの発症を抑える効果があり、また長寿遺伝子を活性化します。

500ml
価格:1,500円⇒1,200円(OPEN記念)

高級ぶどうジャム

高級ぶどうジャム

兵庫県加西産のゴールデンベリーAを使って、極甘ぶどうジャムを作りました。
愛情をこめて育てた生食用のぶどうから、高級ぶどうジャムを作ってみました。
「食パンに乗せて、リゾートホテルで食べるブレックファースト」を味わってください。

ベリーAの甘さとぶどう本来の美味しさが凝縮されています。
ポリフェノール・ぶどう糖・果糖が多く含まれており、疲労回復・体質改善に効果があります。
植物アレルギーの発症を抑える効果があり、また長寿遺伝子を活性化します。

180g
価格:1,000円⇒800円(OPEN記念)

高級ぶどうジャム
高級ぶどうジャム

30年以上の歴史ある岸呂町のぶどう園で栽培したぶどうを使っています。
とても日当たりが良く寒暖差の大きな気候の中で、美味しいぶどうが育ちます。

いちごの商品案内

かぐや農園の極甘いちご

いちごの花言葉に「幸福な家庭」の意味が込められています。
親株から多数の子蔓が出ている様子から付けられたと言われています。 一口食べれば、家庭に「笑顔」と「幸福」をお届けします。

かぐや農園の極甘いちご
かぐや農園の極甘いちご

かぐや農園は、畑の土の上に直接植える土耕栽培ではなく、地面から約1mの高さに栽培棚を設けた高設栽培方式を採用しております。また、最新の環境制御システムを導入し、温度制御給水量・液肥料の最適制御を実施し、甘くておいしいちごをたくさんできるように管理しております。日常の栽培管理は、パートの女性達がいちごの育成状況を細かくチェックし、タイムリーな処置を行い、愛情をこめて大切に育てています。栽培棚の高さは、栽培時の管理もさることながらイチゴ狩り時はいちごが見えやすく、収穫もしやすい高さになっています。多くのお客様に、楽しんでいただけることを期待しております。

いちごの歴史

いちごが世界で初めて栽培されたのは17世紀の頃で、エゾヘビイチゴだったと言われています。フランスやベルギーなどのヨーロッパ地方で、野生のいちごを持ち帰り畑で作り始めました。本格的に栽培されるようになったのは、200年ほど前からになります。日本で本格的に井とご栽培が始められたのは、明治5年からです。その品種は「福羽」と言ういちごでした。当初は、庶民の口に入るような手軽なものではなく皇室用とされ「御苑いちご」「御料いちご」などと呼ばれていました。大正時代を経て昭和になって、ようやく庶民も食べられるようになりました。昭和30年代は、ビニール栽培が確立した為、飛躍的に生産量が増え、「西の宝交、東のダナー」の2品種のいちごが全国的に広がり、いちごの歴史に名前を残すことになりました。その後、新たな品種「とよのか」「女峰」に戦場を明け渡し、現在は数多くの品種が生まれ「とちおとめ」「あまおう」などの品種が登場しています。

持ち帰り/贈答品用の商品一覧

持ち帰り用摘み取りいちご

いちご狩りをして、自分で摘み取ったいちごを専用トレーに入れて持ち帰りが可能です。
250円/100g(300g入りトレーを使用しています。)※季節により、価格が変わることがあります。

持ち帰り用摘み取りいちご
持ち帰り用摘み取りいちご

自分で摘み取り、手さげ箱でお持ち帰りできます。

圃場お土産用いちご

圃場お土産用いちご

1パック8粒入り・11粒入り・15粒入りが選べます。
1パック、2パックの2種類の箱が選べます。

8粒入り(280g)1,200円/パック
11粒入り(280g)1,050円/パック
15粒入り(280g)900円/パック

贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)

品種:章姫、紅ほっぺ、かおり野・・・品種が選べます。宅配費用は別途必要です。

贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)
1パック用箱(1段)
贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)
2パック用箱(2段)

1パック用と2パック用(2段)の2種類の化粧箱が選べます。
1パックの大きさ・・・9粒入り、12粒入り、15粒入りから選べます。

写真のイチゴは、食品見本です。

贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)
9粒入り(360 g)
3,000円/箱
贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)
12粒入り(360g)
2,400円/箱
贈答用高級いちご(高級化粧箱入り)
15粒入り(360g)
1,800円/箱