ごあいさつ

  • HOME
  • ごあいさつ

社是(事業の目的)

代表取締役 社長

代表取締役社長
穴田 彰一 Anada Shoichi

現在、日本の農業従事者の平均年齢は65歳を超えており、人口の3%程度となっています。5%程度の数値が示すように、35歳未満の後継者不足が大きな問題となっています。また、埼玉県と同じ面積の耕作放棄地が広がっているとも言われています。

最近は、若者の農業への新規就業者が少しずつ増加しています。私達は、農業事業の改革に取り組み、各地の革新的な農業者と情報交換を大切にし、ベテラン農業者の経験・ノウハウを大切にしながら、科学的な農業を目指していきます。

将来的には、農業事業を核として地方に密着した活動を行い、地方の過疎化を改善して新しい村作りに貢献できればと考えています。また、自然を大切にして地球環境を守り、次の世代に美しい日本の自然と安全で美味しい作物ができる大地を残していくことを使命として活動していきます。

取締役 副社長

取締役副社長
山崎 哲史 Yamasaki norihito

2014年にサラリーマンを辞め、農業の世界に飛び込みました。全く未知の世界でありましたが、多くの方との出会いがあり、そのおかげでこの度ぶどうといちごの栽培をできることとなりました。

特に、昨年と今年の2年にわたりお世話になりました、加西のぶどう園での作業経験と直売所での販売に魅力を感じ、美味しい物を作れば必ず喜ばれる!と実感いたしました。お客様はもちろんのこと、人を大事に、人とのつながりを大切に、多くの良い出会いがある会社にしていきたいと考えています。

企業理念・経営の目的

  1. 科学的な農産物の栽培方法を研究開発し、栽培のノウハウを継続して蓄積します。
  2. 仕事を通じて、個人の能力・知識を向上させ、生きがいのある会社作りを目指します。
  3. 社会の環境・変化に追従し、永続的に社会に貢献することのできる人材を育成します。